注目キーワード
  1. ボルダリング
  2. テント

<痩せる?痩せない?>アラフォー女がボルダリングやって得た効果とは

ボルダリング、流行ってるよな。
しかもオシャレっぽいし、映えそうじゃない?

ボルダリングはダイエット効果があるとか言ってる無責任な記事もある。
いきなり言っちゃうけど、ちょっとダイエットしたくてボルダリングを始めても無駄だぞ。

決して痩せないからな!いやホント。

ボルダリングで痩せるとか記事書いてる人、アナタ一体週何回のペースでどんだけやったの?

いや週3以上のペースで半年~1年以上ガチで取り組んだら、結果的に痩せるかもしれん。
でもちょっと考えてみて?できる?そんなに。
そんだけボルダリングやったら、手とかマメだらけなるし。
怪我とかも結構するからね?
週3でジョギングした方が効率いいと思う。

私は一番通った時期でも週1ペースだ。
そして私の経験上筋肉も付くから体重は減らないわけ。
ぽっこりお腹や太腿・お尻ポヨヨンはちょびっとも解消されてないわけ。

そう、最初に言っちゃうけどボルダリングは筋肉付くから一定のシェイプアップ効果はある。
体重を減らしたいとか痩身目的で始めるなら、マジでガチで取り組むべき。

しかし、アラフォーの私でも週1ペースで通った結果、数ヶ月で嬉しい効果はあったので紹介したい。

ボルダリングとは

なんか2020年のオリンピック種目になったらしい。
正式にはスポーツクライミングという。

スポーツクライミングは3つの種目があり、それぞれを「リード」「ボルダリング」「スピード」といい、人工壁に取り付けられたカラフルなアレ(ホールド)を登って高さやスピード、完登できた数を競うスポーツである。

この中で、ロープなど特殊な器具を使わず5m以下の壁をフリーで登るのがボルダリングだ。
初心者でも気軽に始めらるのがコレ。

人工壁に取り付けられたホールドはどれを使ってもいいわけではなく、スタートからゴールまで決められている。
このスタートからゴールまで設定されたルートを課題という。

課題は難易度(=グレード)別に設定してあるので、初心者向けの課題から始めて徐々にレベルを上げていけば良いのだ。

グレードはだいたい10級(ジムにより8級)~1級(もっと上は段)まで設定されている。
細かくはジムによって違うのだが、だいたいそんな感じなので最初は8級あたりからトライしてみると良い。

ボルダリングの消費カロリー

いや、実際ボルダリングの消費カロリーを測ったり計算したことはない。

したことはないが!
実際課題やっているときはむっちゃ暑くなるし、真冬でも汗めっちゃかく。
休みなしに課題に取り組んでたらそりゃぁすごい消費カロリーになると思う。

だがしかし!
そんな登りまくったら、腕、死ぬからな!(=パンプという)
ボルダリングって、休憩してたり壁を眺めてる時間の方が長いからな!

実際ジムに3時間いたとしても、消費カロリーたいしたことないんじゃないか説。

スポンサードリンク

とはいえ、上半身の筋肉はものすごい使うので実際は筋肉がダメになってその日は帰るの繰り返し。

ボルダリングでの筋肉の追い込みっぷりは、スゴい。
ビールジョッキを片手で持てなくなるレベル。

翌日は筋肉痛で受話器を持つのも辛い。
最初のうちはこんな風に酷い筋肉痛を繰り返すが、徐々にそれも軽くなっていく。

アラフォー女でもできる

ボルダリング、意外に筋肉の酷使が激しい。
アラフォーの女にできるんだろうか?キツくないか?

できる!いやホント。

私でもできたんだから間違いない。
まぁぶっちゃけ若い子よりは上達は遅い。
ビックリするくらい上達が遅い。
でも自分にあった課題を確実にこなしていけば無理なくゆっくり上達していけるだろう。

ただ、子育てママや専業主婦の方は要注意だ。
筋肉痛で子供を抱き上げたり、フライパン振ったりできなくなるからな。

5ヶ月目の身体の変化

私がボルダリングを始めたのが30代後半。
一生懸命続けたというよりか楽しくなっちゃって気付いたら5ヶ月経過してたって感じだ。

身体の変化というとまず第一に、シャンプーするときに無様に揺れていた二の腕がスッキリしていた。
そして、ブラの上に乗っていた醜き脂肪がなくなっていた。
あと、背中に筋肉付いてなんかスゴい綺麗になっていた。(自分で言うな)

当時、ボルダリング始める前と5ヶ月経過時のデータの記録があるので紹介する。

体重の変化

体重に関しては私の場合、プラマイゼロである。
この5ヶ月の間に年末年始があったのだが何故か(!?)3.5キロ増えちまって。
ファスティングと筋トレ・ジョギングも行って、増えた分はなんとか削ぎ落したという経緯があるのでなんとも言えない。

体脂肪の変化

ボルダリングを始める前の健康診断では、23.3%だった。
5ヶ月後19%前後をウロついていたんだが、それから更に1年以上経過した現在は21%。

筋肉率の変化

ちなみに筋肉率ももとめてみた。
{体重kg-(体重kg × 体脂肪率% × 0.01)}÷2=筋肉率

前回健康診断結果から割り出した筋肉率は38.3%。
5ヶ月後の筋肉率は40.8%。
それから更に1年以上経過した現在、膝の怪我以降ボルダリング行けておらず39%代まで落ちた。

まぁ30代女性の平均が37%、40代が33%らしいから、まぁまぁ優秀なんじゃなかろうか。
そろそろ膝も回復してきたのでボルダリング再開して40%まで乗せたいところだ。

ということで。
ボルダリングはダイエット効果があるよ!とは言い難い。
しかし、筋肉がつくから特に上半身のシェイプアップができるよということを伝えたい。

あと、意外な効果だったのが肩凝りがすごく楽になったのだ。
ボルダリングで使う筋肉は全身ではあるが、特に腕、肩、背中である。
筋肉が付いたからか、血行が良くなったからかわからないけど、肩凝り解消効果もあるかもしれない。

関連記事

初めてボルダリングへ行くとき、服装ってどうしたらいいんだろうと多くの人は思うはずだ。 ボルダリングやる前はフワッとした知識しかないし。 私も最初まず調べたのは、服装と持ち物だ。 そこで、ボルダリングジムでよく見かける女性の服装[…]

<女性必見>ボルダリングの服装実例と知らないと怖い注意点

関連記事

ボルダリングの何がいいって、準備や持ち物が少なくていいから気軽に始められる点だろう。 しかし男性と女性では事情が違う分、初めてボルダリングに行く前に確認してほしいことがある。 本記事では、女性のためのボルダリング準備編を紹介した[…]

<女性向け>ボルダリングで必要なもの・準備・持ち物
スポンサードリンク
しょうもないつぶやきが多め